英語が聞き取れない方向け!原因と克服に効果的な練習方法

英語 聞き取れない 練習

相手の英語が聞き取れないことで、悩んでいないでしょうか。

僕自身、学生時代の海外旅行で体験したことがあります。
恥ずかしい気持ちもありましたし、凄く悔しかったです。

その思いを糧に、帰国後に練習を行いました。
その結果、それなりに聞き取れるようになりました。

ですから、英語が聞き取れずに悩んでいる方も練習すれば大丈夫です。

とはいえ、自己流で練習するのは良くないです。
何でもそうですけど、無駄が多いので遠回りだからです。

このページでは、英語が聞き取れない方の原因と最適な練習方法を実体験も交えてご紹介をしています。

・英語が聞き取れずに悩んでいる
・英語が聞き取れる様に練習をしたい
という様な方には、お役に立てるかと思います。

英語が聞き取れない原因

そもそも何故、英語が聞き取れないのでしょうか。
細かく挙げると幾つかありますが、主な原因は3つです。

勉強・経験不足

まず考えられるのは、単なる勉強・経験不足だということです。

英語というのは、第二言語です。
ですから、それなりの勉強時間というのが必要です。

一般的に、日本人の場合だと英会話習得には3,000時間が必要といわれています。
日本人に限った数字ではないので、絶対値ではないです。

英単語ですら、最初は殆ど分からなかったはずです。
今読めるのであれば、それば勉強してきたからです。

言い換えれば、英語が聞き取れないのも勉強不足なだけです。
取り組めば、段々と聞き取れるようになっていきます。

英語のリズムに慣れていない

日本語にも、訛りや話すペースがあります。
英語も同様で、訛りやリズムというのがあります。
聞き取れないのであれば、この英語のリズムに慣れていない可能性も考えられます。

特に初心者の場合、会話の速度自体についていけていない方が多いです。
初心者向けのレッスン、教材というのは、会話がゆっくりですよね。
ですが、実践は結構速いので、それでは聞き取ることが出来ないです。

発音の変化を知らない

個人的に一番難しいと思うのが、発音の変化です。

英語も、単語の連結によって発音が変化する時があります。
省略されたり、発音自体が消えることがあります。
発音が変化しているのですから、知らないと聞き取れないです。

英語が聞き取れる様になるポイント

原因の次に、英会話の練習を始める上でのポイントをお伝えします。

次の項目で、オススメの練習方法をご紹介します。
ですが、ご自身で選びたいという方もいらっしゃるかと思います。
その場合には、以下のポイントを満たしたものを選択するようにして下さい。

毎日継続する

まずいえるのが、毎日英語に触れる機会を作ることです。

英語が聞き取れない原因の一つは、勉強不足です。
ということは、勉強する機会を設ければ徐々に聞き取れるようになります。

その証拠に、簡単な英語なら読んだり書いたり出来ますよね。
それが出来るのは、勉強してきたからです。
聞き取れないのは、聞き取る経験が読み書きより少ないからです。

特に大事なのが、毎日ということです。
短い時間でも良いので、毎日触れるようにして下さい。

シャドーイング・ディクテーションに取り組む

次に挙げられるのが、シャドーイングやディクテーションに取り組むことです。

初見の方もいらっしゃるかと思います。
両方とも、英語学習において有効なメソッドです。

英会話の難しい部分は、発音が変化することです。
聞き取れないのも、発音が変化するから分からない可能性が高いです。

これに早く適応するには、シャドーイングやディクテーションが効果的です。
練習する際には、積極的に取り入れるようにした方が良いです。

レベル・難易度を上げていく

最後になりますが、レベルや難易度を上げていくということです。

最初に関しては、易しいもので大丈夫です。
いきなり難しい物に挑戦しても、続かないからです。

英語学習ですが、継続率は筋トレ並みに低いです。
続ける意味においても、最初は易しいもので良いと思います。

ですが、レベルや難易度は上げていかないとダメです。
いつまでも易しい、ゆっくりな英語を聞いていては意味がないです。

というのも、実際の英語は結構速く話すからです。
スピードが速いので、レベルを上げていないと聞き取るのは難しいです。